スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大化学とは??

近年の出題傾向)

理論1題、理論・無機1題、有機1題の計3題。各大問は2つの中問に分割され、実質6題の構成である。すべて記述形式で、見慣れない化合物を用いた問題、条件が複雑な問題が多く、範囲外のテーマを扱ったものも出題される。


対策)
ポイントは、難問に対する思考力と応用力、読解力、計算力。基礎力の確立と、それを柔軟に使いこなせる思考力、応用力の養成が求められる。全分野において法則を正しく使いこなせるようになるのが第一の対策である。また、有機分野は、近年は難化傾向にあるため、学習を後回しにせず、夏休みの終わりまでには一通り仕上げておき、余裕をもちたい。問題文を正しく読み解き、すばやく理解する力が重要となるため、日ごろの演習問題や模試などで、初見の題材が出題されても根気強く問題文を読んで理解する習慣を、しっかり身につけておこう。※参考:Z会資料
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


来てくれた人

プロフィール

大村升次郎

Author:大村升次郎
私立学校の教師。化学勉強法【フレームワーク式】を運営。『効果的な化学の学習を日本全国に広げる』が夢(^^)/モル濃度計算の問題集を近日Amazonで販売します(^O^)
>>会員登録  >>サイト >>プロフィール詳細 >>秘密の掲示板

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。