FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜巻頻発

おはようございます、大村です ^^


竜巻頻発

f0188555_11182734.jpg

(http://sasakina.exblog.jp/17511997/より転載)

今月に入って、埼玉、栃木、千葉と竜巻が発生しています。
昨年は茨城県つくば市の竜巻が猛威をふるいました。

どうして関東で竜巻がよく発生するのか?
そもそも竜巻が発生するメカニズムは何なのか?

などが気になって、記事を調べてみました。
>>竜巻頻発 関東、風の交差点 西側に山と湿った南風 条件そろう(msnニュース)

ポイントは関東平野の地形でした。
結果的に、西からの風が山に遮られ、海に面している南側から湿った風が流れ込むことになるようです。一方、上空では西からの風が関東山地を越えて吹き込んでくる

dst13090508150001-p1.jpg
(http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130905/dst13090508150001-n2.htmより転載)


そこで、南風が何らかの要因で上昇気流になると、上空で西風とぶつかり、回転が加わって渦を巻きやすくなる。さらに湿った気流が流れ込み続けて積乱雲が発達。雲の中でメソサイクロンとなると、積乱雲はスーパーセルへと成長する。

で、このスーパーセルが竜巻になるようです。


「関東はどこで竜巻が起こってもおかしくない」


と、気象研究所室長のコメントです。

昨日は豪雨で、そろそろ台風の季節です。
何だか少し不安な気持ちです。
からっと晴れてほしい!!


今日のサイエンスニュースでした♪
今日も1日頑張りましょう!! 


>>竜巻頻発 関東、風の交差点 西側に山と湿った南風 条件そろう(msnニュース)



関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/07 08:46)

つくば市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメント

コメントを残す

Secret


来てくれた人

プロフィール

大村升次郎

Author:大村升次郎
私立学校の教師。化学勉強法【フレームワーク式】を運営。『効果的な化学の学習を日本全国に広げる』が夢(^^)/モル濃度計算の問題集を近日Amazonで販売します(^O^)
>>会員登録  >>サイト >>プロフィール詳細 >>秘密の掲示板

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。