FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『mol計算(気体の分子量)』化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『mol計算(基本)東北工大過去問』化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

今週のSニュースまとめ(0329)

 

今週に紹介したサイエンスニュース一覧です。
見逃した方はどうぞ(^_-)

 

3/24~28

 

「創造性の「暗黒面」抑鬱や狂気が天才を生み出す?」http://bit.ly/NFTwnz

画家ゴッホの自殺をご存知ですか?天才と狂気は紙一重に同居していることを示唆するエピソードは少なくありません。最近の研究では・・・

 

CNN.co.jp - 創造性の「暗黒面」 抑鬱や狂気が天才を生み出す? - (1-3)より転載)

 

 

 

「人類は滅亡するのか?資源浪費と貧富二極化で」http://bit.ly/NFVfcy

暗い話ですが…ローマ帝国、漢文明、メソポタミア帝国の文明、これまでに登場した数ある文明は、みな崩壊してきた。その原因は『資源浪費と貧富二極化』。そして現在は…

 

140316humanityscrewed.jpg

やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で - ギズモード・ジャパンより転載)

 

 

 

「大気汚染対策のはずのバイオ燃料が大気汚染の原因に!?」http://bit.ly/NFWcBx

温暖化対策として有用なバイオ燃料の原料となる植物が、成長の過程で「イソプレン」を高いレベルで放出し、これが大気汚染の原因となるという研究が…

 

 

 

「ニックネームは「地獄から来た鶏」北米で6600万年前の新種恐竜発見」http://on-msn.com/1nQbcgU

6600万年前の白亜紀末に北米大陸に生息していた新種の恐竜が発見されましたヽ(・∀・)ノ

 

新種恐竜「アンズー・ワイリエイ」の想像図(研究チーム提供・共同)

ニックネームは「地獄から来た鶏」 北米で6600万年前の新種恐竜発見 - MSN産経ニュースより転載)

 

 

 

【S-history】「香辛料の力」http://bit.ly/1eTODly

香辛料が肉より高かった!?香辛料は人類の歴史に大きな影響を及ぼしてきました…!!




香辛料の力

科学の歴史で「これは!!というエピソード」を紹介します\(^^)/
受験の知識には直結しませんが、化学の興味が広がることでしょう。


香辛料を知っていますか?

 

香辛料は料理には欠かせません。味に変化を起こし、おいしく感じさせたり、食欲を増進させる効果があります。生姜、ナツメグ、胡椒(こしょう)などがあります。香辛料は人類の歴史に大きな影響を及ぼしてきました。

 

 

東方の多彩な香辛料は、アレクサンドロス大王によって西洋に持ち込まれました。舶来の胡椒などが高価だったのはもちろんですが、地元に産する月桂樹もアポロンの霊木とされ、神聖視されました。オリンピックのマラソン勝者に与えられる月桂樹は、ここに端を発します。

 

この香辛料文化はローマにも受け継がれ、花開きました。ローマでは胡椒がステイタスシンボルとされ、今の貨幣価値でいえば一瓶一万円ほどで取引されたものもあったといいます。それでいて彼らは、どうも胡椒の使い方をよくわかっていなかったようです。彼らは加熱前から胡椒を振りかけ、せっかくの香りをとばしてしまうような調理をしていたらしいのです。また暴君として名高い皇帝ネロは、妻を弔うため、ローマで使う一年分のシナモンを燃やしてみせたといわれます。

 

このような次第で、ローマ時代の香辛料消費は膨大なものでした。アレクサンドリアからローマへ向かう船の、積荷の4分の3が胡椒であったというから尋常ではありません。410年に西ゴート王アラリックがローマを攻撃した際には、囲みを解く代価の一部として、1トン近い胡椒が支払われています

 

ローマ帝国の崩壊後も、香辛料文化は廃れたわけではありませんでした。急速に広がったイスラム帝国により、インドネシアからアフリカまでを結ぶ貿易体制が整い、香辛料の産地と消費地が結ばれました。

 

そのイスラム圏に攻め入った十字軍により、ヨーロッパは各種の香辛料の味を再認識します。香辛料を西洋に運び込んだのは、交易を生業としたヴェネツィア共和国の人々でした。「ヴェニスの商人」たちの活動はものすごいものでした。イスラム教徒との交易をローマ教皇から禁止されれば、貿易拠点を変えて監視を逃れ、ダミーを立てて取引を進め、果ては教皇に賄賂を贈ってお目こぼしを願うなど、あらゆる手立てを駆使しました。東地中海の要所を押さえて通商路を整備し、必要とあればライバルや海賊たちとの戦闘も辞さなかったのでした。それもこれも、香辛料の生み出す莫大な利用を守らんがためでした。

 

この時代でも胡椒は、風で飛ばないよう窓を閉め切り、大商人たちがピンセットで一粒一粒拾い集める貴重品でした。ドイツでは、450グラムほどのナツメグが、牛7頭と交換された記録さえあります。肉を食べるためのスパイスが、当の肉より遥かに効果であったわけです。

 

各種スパイスがこれだけの高値を呼んだのは、ひとつにはペストの流行という一大事件があったためでした。1347年に始まった大流行では、当時のヨーロッパ人口の3分の1が亡くなったと推測されました。病原菌などが知られていなかった時代のこと、感染源は死体の放つ悪臭だと思われており、となれば芳しい香りを放つ香辛料がその防護になると考えられたのでした。彼らはスパイスをアルコールで抽出したもので体を拭い香水を振りかけたハンカチを持ち歩いたのでした。

 

これは、まんざら無意味な迷信でもなかったと思われます。たとえばナツメグの成分イソオイゲノールには昆虫忌避作用があり、感染源となるノミを多少ながら追い払ってくれたはずです。アルコールの消毒作用もあるので、当時可能であったペスト対策としては最善の部類だったでしょう。中世の人々にとり、香辛料は悪魔を祓う神秘的な霊薬と映っていたに違いありません。



◇参考文献◇

『mol濃度の計算(mol/L⇒%)』0323化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『mol濃度の計算(mol/L⇒%)』化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

今週のSニュースまとめ

今週に紹介したサイエンスニュース一覧です。
見逃した方はどうぞ(^_-)

 

3/17~21



「STAP細胞の存在は…」http://bit.ly/1kxnu9n
世紀の発見から疑惑の対象へ―――第三の万能細胞『STAP細胞』は本当に存在するのか?私はこの状況でもあってほしいと思っています(´・ω・`))

 

 

 

 

「昆虫食時代が来る!?」http://bit.ly/OjyfB5

身近に生息する昆虫が「食糧」として注目されています。高タンパクでビタミン豊富など栄養面で優れている上、飼育に手間がかからないといった点が評価されているようで・・・ヽ(・∀・)

 

Photo

食糧危機 - Yahoo!ニュースより転載)

 

 

 

「性交渉後の塗布でHIV感染を防ぐジェル、実験で成果」http://bit.ly/OjyNH6

後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)を引き起こすウイルスへの感染防止を目的としたジェルが、サル実験で期待の持てる結果を示したそうです。

 

性交渉後の塗布でHIV感染を防ぐジェル、実験で成果

性交渉後の塗布でHIV感染を防ぐジェル、実験で成果 (AFP=時事) - Yahoo!ニュースより転載)

 

 

 

「史上最年少! 13歳の少年、核融合が可能な原子炉を作る(動画あり)」http://bit.ly/OjzyQq

そんなバカな…\(◎o◎)/! 数年前のクリスマスにもらったお小遣いで、放射線を計測するガイガー=ミュラー計数管を購入して、さらに…

 

 

 

 

「植物の化学兵器」http://bit.ly/1peKCcT

香辛料が防腐剤としての能力を持つのは、これらが植物の作る『化学兵器』であるからです。それは…




植物の化学兵器

科学の歴史で「これは!!というエピソード」を紹介します\(^^)/
受験の知識には直結しませんが、化学の興味が広がることでしょう。

 

香辛料が防腐剤としての能力を持つのは、これらが植物の作る『化学兵器』であるからです。外敵から逃げ回ることのできない植物たちは、細菌を殺し、昆虫を忌避させる成分を作り出してその身を守っています。これを人間がありがたくいただき、活用しているわけです。

 

 

香辛料分子は空中へも漂い出し、外敵への警戒信号として働きます。人類は、これらの化合物が役立つことを学び、やがてその匂いを快い香りとして受け止めるようになったのでしょう。

 

 

香辛料の化学構造を見ると、ベンゼン環(いわゆる「亀の甲」)に酸素原子が結合した、「フェノール」と呼ばれる部分を持つものが多いですこれは消毒薬クレゾールなどにも含まれる部分構造であり、香辛料がある程度の殺菌力を持つものも納得が行きます。

 

 

また多くの香辛料は、ベンゼン環から三炭素程度の短いしっぽが突き出た構造を持ちます。これは、タンパク質の原料となるアミノ酸の一つです、フェニルアラニンが返還されて合成されているためです。「しっぽ」が短いバニリン(バニラの香り)や、長いピペリンのような化合物もありますが、これらは後から炭素鎖が削られたり付け足されたりして合成されます。自然は、豊富に存在する化合物を有効に利用し、自在にあらゆる化合物を生み出しています。



  芳香族化合物


 

 

また、ベンゼン環を持つ化合物にはよい香りのものが多いことから、この系列の物質は「芳香族化合物」の名で呼ばれます。もっとも、現在知られる「芳香族化合物」には、とうてい芳香とは言い難い香りのものも多くあります。糞便臭の元となるスカトールなども、芳香族化合物の一種だ。肉食文化の西洋人が香辛料を強く求めたのは、これらの持つ殺菌力に大きな理由があります。何しろ穀物などと異なり、肉は長期保存が利きません。干したり塩漬けにしたりといった方法もありますが、味わいを大いに損ないます。しかし香辛料は肉を美味にする上に保存性を高めますから、これほど有り難いものはありません。多少傷んだ肉の味や臭いをごまかすためにも、スパイスの香りは有効に機能したことでしょう。




◇参考文献◇





『mol濃度の計算(溶液の希釈)』化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

【今週のSニュースまとめ】

今週に紹介したサイエンスニュース一覧です。
見逃した方はどうぞ(^_-)

 


3/10~14


「植物から作られるバイオプラスチック」http://bit.ly/1lJTEBd

遺伝子組換えした大腸菌から得られるシナモン類を光化学的手法で加工して、世界最高耐熱性のバイオプラスチックが作られました(・∀・)

 

世界最高耐熱のバイオプラスチックを開発 - マイナビニュースより転載)

 

 

 

「人工クモ糸繊維『QMONOS』」http://bit.ly/1lJU4Yf 鋼鉄よりも高い強度と、ナイロンのような高い伸度を兼ね備える「クモの糸」。これまで開発が困難とされてきましたが、ついに実用化に成功した企業が現れました!!

 

蜘蛛の巣の糸を人工的に合成より転載)

 

 

 

「加速器から超新星爆発を紐解く」http://bit.ly/1lJUwWH

加速器を知っていますか?粒子を超高速にしてぶつける装置です。超新星爆発といった宇宙の様々な現象を考察する目的などで使われています。その詳細が理化学研究所HPにあります(^^)

 

仁科加速器研究センターより転載)

 

 

 

「妄想と現実が入り混じるSRシステム」http://bit.ly/1lJW4zY

ついに映画「マトリックス」の世界が現実になるのか?理化学研究所の最新テクノロジー『代替現実システム(SRシステム)』とは…!?

 

 

 

 

「原子力研究の始まり」http://kagakunooomura.blog.fc2.com/blog-entry-222.html

『原子力』…原子爆弾、原子力発電所…原子力が私たちに及ぼした影響は、絶大でした。この研究が一気に加速したのが「マンハッタン計画」でした。




『指数計算』化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

原子力の研究の始まり

科学の歴史で「これは!!というエピソード」を紹介します\(^^)/
受験の知識には直結しませんが、化学の興味が広がることでしょう。

 

原子力

 

原子爆弾、原子力発電所…原子力が私たちに及ぼした影響は、絶大でした。

良い意味でも悪い意味でも…

 

 

第二次世界大戦中、原子力の研究は、まだ始まったばかりでした。

 

科学者、仁科芳雄は、宇宙線をとらえる実験や、素粒子加速度の一種であるサイクロトロンの建設などに関心を向けており、「原子核分裂」がもたらす、途方もないエネルギーは視界の外にありました(2014年現在、理化学研究所には仁科加速器研究センターがある)。

 

欧州では、ちょうど、ドイツの科学者オットー・ハーンらがウランの原子核に中性子を照射する実験をとおして、人類で初めて原子核分裂を発見したところだった。ナチスの迫害を逃れてスウェーデンに亡命していたマイトナー女史は、この原子核分裂時に質量が減り、アインシュタインの法則によって莫大なエネルギーが発生すると予測した。そのレポートは、アメリカに亡命したユダヤ系の科学者たちに伝わり。1939年、「原子核エネルギー解放」の報せが世界中を駆けめぐる。フランスでは、ジョリオ・キュリー夫婦が連鎖反応で、より一層破壊力を増やすことを示しました。

 

ナチスが支配するドイツは、占領下のチェコスロバキアにラウン鉱の輸出が禁じられます。米国に亡命したユダヤ系学者たちに戦慄が走りました。ナチスは原子核エネルギーを使った爆弾をつくるに違いない。先に製造しなければ、とてつもない被害を受ける、とユダヤ系学者は考え、アインシュタインの力を借りてフランクリン・ルーズベルト大統領に原爆開発を促す信書を送りました。

 


原爆製造を目的とする「マンハッタン計画」が滑り出しました。


 

そのころ、日本でも陸軍が大河内正敏(1878~1952、理化学研究所3代目所長)に「ラウン爆弾」の研究を依頼しています。だが、海軍も同じことを考えており、両軍の連絡が悪いために研究が進みません。

 

仁科が海軍より正式に「原子核物理の兵器応用」の諮問(しもん)を受けるのは1942年の夏でした。

 

いずれにしても戦中の原子力研究は爆弾製造へと収斂(しゅうれん)され、とても発電への応用などは考えられませんでした。核分裂連鎖反応を制御し、持続的に行わせる「原子炉」が米国で登場するのは、1943~1944年にかけてで、原子力の産業利用など、夢のまた夢であった。

 


戦中、エネルギー資源といえば、石炭と石油。艦船や飛行機、自動車の燃料となる石油は、アメリカ頼みだ。もしも日米間の石油の供給路が断たれたら……。


第一次大戦でドイツの猛攻を受けたフランスのクレマンソー首相は、「石油の一滴は血の一滴に値する」と記した電報を米国大統領ウィルソンに送り、石油の提供を求めた。日本の状況もほとんどそれと変わりませんでした。




 【参考文献】


 



『有効数字』化学勉強法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『mol計算(反応式がつくれないとき)』【化学勉強法】

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『イソプレン』~社会を根底から変えた奇妙な物質~

科学の歴史で「これは!!というエピソード」を紹介します\(^^)/
受験の知識には直結しませんが、化学の興味が広がることでしょう。


 

タイヤのない世界が想像できますか?

 

私たちの使う車、トラック、飛行機はどうなっていただろう?

下着のゴム、靴の防水底、輪ゴムのようなありふれた、しかも便利なものがなかったとしたら?

 

ゴムとゴム製品はあまりにも至るところにあるため、ゴムとは何か、ゴムが私たちの生活をいかに変えたか、と考えたりはしません。


驚くべきことに、人類はゴムの存在を何百年も前から知っていたようです
。しかし、これが文明になくてはならないものになったのは、つい百五十年ほど前です。ゴムのユニークな性質は、その構造によるものです。

 

この構造を操作することで、『ある物質』が作られました。

 


『ある物質』とは…

 

 

イソプレンです。

 

  

 

(イソプレンの構造式。シスとトランスの2種類ある。イソプレン - 【科学ニュース】大気汚染対策のはずのバイオ燃料が大気汚染の原因に!? - NAVER まとめより転載)

 

 



この物質から富が生まれ、命が失われ、さらには国々の運命すら変わっていきました。




 【参考文献】


 

『化学反応式とmol計算(0302)』【化学勉強法】

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『質量パーセント濃度の計算』 【化学勉強法】

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

【今週のSニュースまとめ】

今週に紹介したサイエンスニュース一覧です。
見逃した方はどうぞ(^_-)

 

2/24~28

 

「飲み込む『ロボット錠剤』、注射剤に取って代わるか」http://on.wsj.com/1gstSLQ

体内摂取が可能なポリマーと糖で作られた小さな中空針から成り、小腸に薬剤成分を送達するよう設計。注射はいらなくなる??(゚д゚lll)

 

飲み込む「ロボット錠剤」、注射剤に取って代わるか - WSJ.comより転載)

 

 

 

「異常気象予測にボランティア制度…政府が導入へ」http://bit.ly/1gsv5CK

あなたも『スポッター』に!? 『スポッター』制度は、異常な気象を目撃して気象庁に連絡。警報や注意報の精度を上げ、迅速な避難指示などにつなげる目的ですヽ(´▽`)/

 

異常気象予測にボランティア制度…政府が導入へ

異常気象予測にボランティア制度…政府が導入へ (読売新聞) - Yahoo!ニュースより転載)

 

 

 

「超新星爆発の謎、最新宇宙望遠鏡で解明進む」http://bit.ly/1hqTw4u

星の爆発は、非常に厄介な現象だが、役に立つ面もある。大規模な爆風によって、カルシウム、鉄、チタンなどの重要な元素が宇宙にばらまかれます(・∀・)

 

超新星爆発の謎、最新宇宙望遠鏡で解明進む

超新星爆発の謎、最新宇宙望遠鏡で解明進む (AFP=時事) - Yahoo!ニュースより転載)

 

 

 

「日本全国に広がる“殺人ダニ”」http://bit.ly/1mFReVR

ウイルスはマダニを媒介して感染し、西日本でこれまで53人が感染し、発熱や出血などの症状を訴え、21人が死亡しました Σ(゚д゚lll)

 

 

 

 

「妻のエプロンを爆発させる」1845年、化学者シェーンバインは、ちょっとした”うっかり”から大惨事を起こしてしまう!!それは・・・!!

http://bit.ly/1o8cBdL


来てくれた人

プロフィール

大村升次郎

Author:大村升次郎
私立学校の教師。化学勉強法【フレームワーク式】を運営。『効果的な化学の学習を日本全国に広げる』が夢(^^)/モル濃度計算の問題集を近日Amazonで販売します(^O^)
>>会員登録  >>サイト >>プロフィール詳細 >>秘密の掲示板

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。